悲しげで物憂げで美しい作品。
鑑賞中、なんだか凄く懐かしい気持ちに
襲われたのだけど、理由はよく分からない。
派手さはないけれど、素晴らしい映画でした。

design-bump2.png